性病の基礎知識を深く学びましょう

性病の基礎知識を深く学びましょう

MENU

性病の基礎知識を得る為に!

性病というのは一般的には自分には関係のないことと思っている人も多いことでしょう。性病になる人は特定の人だという妙な確信みたいなものを持っている人も多いのではないかと思います。
しかし、実際にはそんなことはありません。

 

性行為をする男女であればだれでもが感染してしまう可能性を持っているのです。性病は潜伏期間などもあり自覚症状を感じない場合もあるようです。そのため知らず知らずのうちに人に移してしまっている、或いは人から移ってしまうということもありうるのです。性病になると明らかに普通は違うと思われる症状を実感することもあります。

 

その多くは発熱や喉の腫れや下痢やだるさといった直ぐに性病とは結びつかないものもあれば、性器自体に何らかの異常、腫れや膿を持つ、排尿時の性器の痛みなど明らかに通常とは違うと思われるような症状が出てくこともあります。性病により症状が様々なのです。そのため、体にならかの変調を感じていたり、性器などに違和感を感じたり、もしかしたらと思い当たるような行為をした覚えがあるのなら積極的に性病検査を受けるべきだといえるでしょう。これは自分自身の治療をするという意味もありますが、他の人へ新たに性病を感染させないためにも必要なことになるのです。

 

性病検査は基本的に症状が出ていても出ていなくても男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科へと向かうのが無難な選択でしょう。もちろん、性病検査には費用がかかりますが症状がすでに出ているのであれば健康保険が使用できます。症状が出ていないけれども検査をしたいということなら基本は実費となります。最近では性病検査も自宅で自分で出来る郵送キットなども販売されていますので時間がない人などは活用をすると良いでしょう。性病の予防にはコンドームを使用しての性行為などが考えられますが、新たな感染を防ぐという意味においては性病検査を積極的に恥ずかしがらずに受けるということも非常に重要なこととなるのです。

サイトコンテンツ

性病の基礎知識

01-01 性病とは一体どんな病気?
01-02 性病と性行為感染症は違うもの?
01-03 性病の男女の違い
01-04 性病の原因はどこある?

 

性病検査の基本

02-01 性病検査を受けられる場所
02-02 性病検査の内容
02-03 性病検査を行っている科目
02-04 性病検査にかかる費用
02-05 性病検査の結果が出るまでの期間
02-06 性病検査と健康保険の利用

 

性病かどうかを調べるには

03-01 性病検査とは
03-02 性病検査の方法
03-03 性病検査の費用
03-04 性病検査はどこでするのか
03-05 性病検査は何科で受ける?
03-06 性病検査キットについて

更新履歴