性病検査の内容

性病の基礎知識を深く学びましょう

MENU

性病検査の内容

性病検査には、色々な内容の検査があります。どの検査を受けるかに関しては、その時の状況次第で異なってきますが、検査内容に関して知っておけば、自分がいざ性病検査を受ける時になって、冷静に対処することができます。では、性病検査の検査内容の詳細について見てみましょう。

 

性病検査の具体的な方法

  1. 血液検査

    性病検査の中でもまず真っ先に挙げられるのは、血液検査です。この検査は、特に大掛かりな検査をするのではなく、一般的な血液の検査をすると思って良いでしょう。具体的には、血液を少しだけ採って、その血液の中に含まれている成分に関して検査を行っていく形になります。少量の血液から結果が分かるのかと感じるかもしれないですが、実はきちんとした結果が出るのです。もしこの検査を受けることになれば、HIVや梅毒はもちろんのこと、B型肝炎やC型肝炎の可能性も分かるようになるのです。

  2.  

  3. 尿検査

    血液検査の他には、尿検査もあります。この検査は、小学校や中学校で行った際の尿検査と同じと思って良いでしょう。この尿検査によって、クラジミアや淋病などの可能性が見えてきます。この2つの検査がメインの検査になりますが、他にはおりのもの検査だったり喉の検査だったりといった検査を行う場合もあります。おりものの検査や喉の検査に関しては、必要に応じて受けることができます。もし色々な検査を受けるのであれば、その分状態を客観的に知ることができるので、それもメリットの1つであると言って良いでしょう。

関連ページ

性病検査を受けられる場所
性病検査の受けられる場所といえば、真っ先に病院を思い浮かべる方も多いことでしょう。実はそのほかに2つ検査を受けられる場所があります。金額もかかる時間も違うので要注意!
性病検査を受ける科目は?
性病検査は泌尿器科・性病科・産婦人科で受けることが可能です。しかし、3つもあると逆に迷ってしまうことも…一体どの科で受けるのが正解?
性病検査にかかる費用
もしかして性病かも…病院に行きたいけど性病検査って一体いくら位かかるもの?実は性病検査は必ずしも保険が適用されるとは限りません。もちろんそれによって金額は大きく異なります!