性病の男女の違い

性病の基礎知識を深く学びましょう

MENU

男と女の性病

男性の性病

性病は感染してしまうといろいろな症状を引き起こします。その症状は様々でちょっとしたことなので見逃しがちな部分もあるようです。男性に起こる性病になってしまっときの症状はもちろん性病の種類によっても違いはありますが、基本的には性器に何らかの異常が発生するということが多いようです。主な症状の代表的なものとしては発熱やそれにともなって性器に痛みを感じる、なんとなく尿道がかゆいような違和感がある、尿道から膿が出てくる、排尿をするときに性器に痛みがある、精巣が腫れ上がるといったものが最も多く、クラミジアや淋病などにこうした症状が見受けられます。こうした症状が出てきた時には即効で性病検査を受けるべきでしょう。また、性器にイボ状のものが発生したりやたらと痒みを感じるような症状が出ることもあるようです。こうした症状が出た時も性病検査を受けてみましょう。多くはヘルペスやトリコモナスである場合が多いようです。性病検査は恥ずかしいと思っている人も多いようですが、何らかの不安や異常を感じるのであれば自分の体を正常にするためにも自分のパートナーに迷惑をかけないためにも率先して受けるべきです。最近では性器以外にも口などにも性病の症状が出ることもあるようです。口の中の異常も単に口内炎や風邪の影響などと簡単に考えてしまって自分で薬などを飲んで対処してしまうのではなく、しっかりと病院で診察を受けて確認をするということもとても重要となってきているのです。

 

女性の性病

性病では男性と同じように女性に感染した場合にもいろいろな症状が現れます。一昔前だと女性の性病は風俗などで働く人がなる病気だという感覚を持っている人が多くいたものです。しかし、最近はそんなこともありません。昔と比べると性行為を行うということに抵抗がない女性が増えているのと性行為の方法も多角的になっているために女性でも性病にかかるリスクというのは増加している傾向にあるのです。また、男性と比べると女性のほうが自覚症状が出る確率は低いようです。本人は全く気がついていないのに実は性病にかかっていたということも意外と多いようです。女性が性病になって出てくる症状の代表的なものとしては、おりものの量の異常、おりものの臭いの変化などがあげられます。子宮頚管や卵管が炎症を起こしているために起こる異常だと言われています。主に淋病やクラミジアという性病にこういった傾向が見受けられます。少しでも異常を感じたら性病検査を早めに受けるべきだと言えます。また、ヘルペスなどのようにブツブツが外陰部に数多く出来てくるという症状もあります。尖圭コンジローマも外陰部などにブツブツが出来ますので、何しろ性病検査を受けて病名をはっきりとさせていくことが早期治癒への道だと言えます。他にも排尿時の痛みや外陰部などの痒みをひどく感じる性病もあります。女性は妊婦になる可能性を絶えず持っています。新しい命に差し障りがないように早期での性病検査を恥ずかしがらずに受けることがより大切だと言えるのです。

関連ページ

性病とは一体どんな病気?
名前の通り性器に関する病気であろうことは想像できても、どんな病気がどういう理由で感染するのかは分かってない人が多いですよね!ということで性病ってそもそも何なのかを勉強しましょう。
性病と性行為感染症は違うもの?
一般的には”性病”と呼ばれることが多いですが、性行為感染症という言葉を聞いたことはありますか?長ったらしい名前ですが、性病とは違うものなんでしょうか?
性病の原因はどこある?
性病は感染症の一種であるため、基本的には人からうつされることで発症します。ではどのような行為が感染の原因になり得るのでしょうか?