性病の原因はどこある?

性病の基礎知識を深く学びましょう

MENU

性病の原因とは

性病になってしまう原因はいったい何なのかというと基本線は性行為をしたからと言っても良いでしょう。しかし、何も病気を持っていない人同士が性行為をしても当たり前ですが性病にはなりません。また、オナニーをしたからといっても性病になるようなこともありません。

 

大前提は性行為をした相手が性病だったということなのです。

 

実は性病は性行為そのものだけでしか感染しないというわけでもありません。性行為はしていなくても移る性病もあるということも理解をしておくべきでしょう。なにか変と感じることがあれば直ぐに性病検査を受けるように心がけましょう。具体的に性病が移ると言われている原因は一般的な性行為の他にアナルセックスがあります。男性の性器を肛門に挿入するという行為で傷つきやすい粘膜を傷つけてしまうことで感染します。性器を口で舐めるという行為などでも性病は移ります。口の中に傷があったりすると感染してしまう可能性があるのです。梅毒やヘルペス、クラミジアや淋病などはキスだけでも感染することがあります。こうして見ていくとどんな行為を行っても性病になる危険性があるように思えてしまい何もできなくなってしまいそうですが、大切に想う人が近くにいるのなら少しでも不安があるのならなおのこと性病検査などは受けていくべきでしょう。特に複数の人との性行為を行ってきた人などはリスクは高いということになるので、大人の責任としても性病検査は有効に活用していくべきだと言えます。

 

関連ページ

性病とは一体どんな病気?
名前の通り性器に関する病気であろうことは想像できても、どんな病気がどういう理由で感染するのかは分かってない人が多いですよね!ということで性病ってそもそも何なのかを勉強しましょう。
性病と性行為感染症は違うもの?
一般的には”性病”と呼ばれることが多いですが、性行為感染症という言葉を聞いたことはありますか?長ったらしい名前ですが、性病とは違うものなんでしょうか?
性病の男女の違い
性行為の経験のある男女ならば全ての人に性病の可能性があります(一部、性行為の経験がなくても発症する性病もあります)。当然、男女に関わらず発症するのですが、男と女では微妙に症状が異なります。